楽劇ガラシャ 作品概要

明智光秀の女子にして、細川忠興夫人となり、のちキリスト教に入信して洗礼名をガラシャ(Gratia)とした。

 細川ガラシャの生涯を描いた作品。細川ガラシャを描いた作品、オペラは数多くあるが、本作品はまったくのオリジナル作品であり、彼女が運命的に遭遇せねばならなかった、本能寺の変と関ヶ原合戦という二大歴史的事件を踏まえつつ、独自の構成と構想の下に、彼女のキリスト教への入信と、その壮絶な生涯を描き出していく。

 ただし本作品はあくまでも虚構の劇作品として構成されており、史実の再現ドラマではない。

​作品構成

第一幕  本能寺の変

  第一場  長岡勝龍寺城内 忠興とガラシャの婚礼の場    

  第二場  丹後宮津城中

            第一景  細川家の人々の団欒  宮津城内奥御殿           

            第二景  本能寺の変の急報

  第三場  本能寺  

  第四場  刑 場

          第一景  味土野の幽閉地   

      第二景  六条河原の刑場

 第二幕  ガラシャの信仰

  第一場  大坂城内細川屋敷、ガラシャの一室

  第二場  教会の場 「テ・デウム」の音楽

第三幕    関ヶ原合戦        [第二幕と第三幕とは間奏曲を入れて連続上演]

  第一場  会津出征  

     第一景  大坂城西の丸、徳川家康の屋敷            

     第二景  細川家大坂屋敷

  第二場  ガラシャの最期   細川家大坂屋敷奥座敷